/

この記事は会員限定です

パナソニック、21年3月期の中国・台湾売上高15%増へ

[有料会員限定]

パナソニックは23日、2021年3月期の中国・台湾での売上高が前期比15%増になるとの見通しを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で人的往来が止まる中、徹底した現地化で売り上げを成長させた。

上海で開催中の中国家電博覧会で、中国事業責任者の本間哲朗代表取締役が明らかにした。パナソニックは19年に中国・北東アジア社という社内カン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン