/

この記事は会員限定です

近鉄、夢洲との直通列車 万博前の導入見送りを検討

[有料会員限定]

近鉄グループホールディングスが2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)の会場となる人工島・夢洲(ゆめしま)と奈良や京都、三重・伊勢志摩などを結ぶ直通列車について、万博開催の前の導入を見送る検討をしていることが23日、わかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響でカジノを含む統合型リゾート(IR)の開業時期が決まらず旅客需要が見通せないため。

近鉄は新型車両を開発し、万博やIRを訪れるインバウンド(訪日外国人)を、夢洲から沿線各...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン