/

「ツイタもん」運営会社が民事再生 負債額約27億円

小学校向けに児童見守りシステム「ツイタもん」を運営受託するAIプロジェクト(大阪市)は21日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。同日に監督命令と保全処分を受けた。負債額は26億9400万円。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、学校や企業との商談が進まず、資金繰りが悪化した。今後は人材派遣のアクセル(大阪市)の支援を受けて事業を継続する。

「ツイタもん」は大阪府や奈良県などの小学校700校に導入している。有料会員を含め、約23万人が利用しているとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン