/

この記事は会員限定です

高田賢三さん遺作の緞帳完成 故郷姫路で7月お披露目

[有料会員限定]

2020年に亡くなった世界的ファッションデザイナー、高田賢三氏の遺作となる緞帳(どんちょう)2枚が完成した。太陽とシャクヤクの花などをモチーフにした作品を住江織物の子会社が9カ月かけて手作業で織り上げた。500色以上の糸を使って、グラデーションや太陽光など原画のデザインを忠実に再現した。

緞帳は高田氏の故郷、兵庫県姫路市の文化施設「アクリエひめじ」で7月にお披露目される。高田氏はファッションブランド「KE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン