/

この記事は会員限定です

関西の設備投資1.7%増に減速へ 20年度、製造業下振れ

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2020年度の設備投資動向調査(20年11月末時点の修正計画)で、関西主要企業の投資額は当初計画(同6月末時点)に比べて2.5%減る見通しだ。19年度実績比では1.7%増に減速する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自動車関連などの製造業や鉄道を中心に投資を絞り込んでいる。

調査は2府4県に本社を置く上場企業と資本金1億円以上の有力企業350社(銀行、証券、保険を除く)を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン