/

この記事は会員限定です

ダイキン、ベルギーに研究拠点、環境配慮型の暖房開発

[有料会員限定]

ダイキン工業は2023年、ベルギーに研究開発拠点を新設する。開発などにあたる技術者を欧州全体で3割増やして、環境に配慮した暖房機を開発する。欧州では温暖化ガスの排出削減のために、石油やガスを使う暖房から電気と大気熱を使った「ヒートポンプ式」への切り替えが始まっており、需要を取り込む。

研究開発拠点の投資額は約170億円。現在、ベルギーの工場で働いている技術者を新拠点に移すほか、新規にも雇用して人員を増やす。同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン