/

この記事は会員限定です

80年前は廃棄物 岩谷産業やヤンマー、水素に未来託す

関西ビジネスマップ・水素編

[有料会員限定]

関西には水素を供給する岩谷産業やヤンマー、川崎重工業など水素関連技術に強い企業が集積する。これまでも関西は太陽電池や車載電池など環境関連で優勢だったものの、結局は海外勢にシェアを奪われた。脱炭素の機運を生かし、水素関連ビジネスを経済成長の新たなけん引役に育てられるか。

「水素こそ究極のクリーンエネルギー」。水素社会の実現を夢見た岩谷産業の創業者、岩谷直治氏が水素販売に着手したのは1941年に遡る。実は当初、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン