/

堂島商取、株式会社へ準備室 「25年までに総合取引所」

大阪堂島商品取引所(大阪市西区)

コメ先物を扱う大阪堂島商品取引所は20日、4月に予定する株式会社への移行に向け「株式会社設立準備室」を開設した。株式会社化後に社長に就く方向である前金融相の中塚一宏氏は、同日の理事会後の記者会見で「2025年までに(現物も扱う)総合取引所をめざしたい」と述べた。

中塚氏は大阪が候補に挙がっている「国際金融都市構想」を巡り、18日に大阪府の吉村洋文知事と大阪市の松井一郎市長、SBIホールディングスの北尾吉孝社長と懇談したことも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン