/

この記事は会員限定です

パナソニック、ワクチン保冷容器 ファイザー製にも対応

[有料会員限定]

パナソニックは新型コロナウイルスのワクチン輸送・保管向けの保冷容器を開発した。ドライアイスを使ってセ氏マイナス70度以下を18日間保持でき、低温管理が必要な米ファイザー製のワクチンにも対応する。3月までに製薬会社や物流会社に試験提供し、今春中の販売を目指す。

冷蔵庫に使われる真空断熱の技術を応用した。一般的な保冷容器は面ごとに断熱材の隙間ができるが、新開発の容器は発泡ウレタンなどの断熱材を継ぎ目なく入れ込み、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン