/

この記事は会員限定です

高野山にVRシアター 紀陽銀、和歌山の観光振興に再注力

[有料会員限定]

紀陽銀行が和歌山県の主要観光地のてこ入れに動き出した。官民ファンドと組み、VR(仮想現実)シアターを併設したカフェを高野山に開設。県外の企業も生かし、民間ロケット発射場の整備といった動きを利用して新たな魅力を創出する。大阪での融資拡大に力を入れる一方で、疲弊する地盤の活性化を改めて急ぐ。

高野山の金剛峯寺の近くに10月、VR映像のシアターが誕生する。縦3メートル、横6メートルのスクリーンに、ドローンで撮影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン