/

この記事は会員限定です

大阪シーリング印刷、シール年140万種類 脱プラで先陣

ココが光る

[有料会員限定]

大阪シーリング印刷(大阪市)は、国内のシール・ラベル市場で3割のシェアを誇り、年間140万種類の製品を生産する最大手だ。年間売上高1000億円の目標に向け、加速しているのが脱プラスチックの取り組み。「いずれプラ製ラベル廃止の時代が来る」(松口正社長)との危機感から、環境配慮型の紙製ラベルや生分解可能な塗料など新たな成長分野の発掘に挑んでいる。

2020年3月、同社は店頭販促(POP)向けの紙製ラベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り921文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン