/

JR西日本、不動産私募ファンド立ち上げ 100億円規模

JR西日本と子会社のJR西日本不動産開発は18日、約100億円の不動産私募ファンドを立ち上げたと発表した。JR西日本グループが保有する近畿圏や金沢市のオフィスと商業施設を取得した。同社が不動産ファンドに参入するのは初めて。ファンドを活用して不動産事業を拡大する。

ファンドには、日本政策投資銀行や農林中央金庫が出資した。段階的に300億円規模までの拡大を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン