/

田辺三菱製薬、武田薬品と評価データ共有

田辺三菱製薬は18日、薬の基となる化合物の効果や毒性などの評価データを武田薬品工業と共有すると発表した。製薬会社の多くは創薬のデータを自社だけで活用してきたが、両社はデータの一部を共有し生産性の向上を目指す。

両社は化学構造が公開されている化合物に関して、初期の効果や毒性などの評価データの一部を共有する。共有により効率的な創薬研究を推進し、人工知能(AI)創薬など大量のデータが必要になる手法でも活用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン