/

住みたい街、西宮北口が4年連続首位 21年関西版

リクルート住まいカンパニー(東京・港)が17日発表した「SUUMO住みたい街ランキング2021関西版」(駅別)で、首位は4年連続で西宮北口だった。2位以下の梅田、神戸三宮、なんばの順位も4年連続で変わらなかった。京都府では京都の9位が最高で、滋賀県では草津が11位に入った。

調査は関西2府4県に住む20~49歳の4600人に実施した。西宮北口は大阪からのアクセスの良さだけでなく、「阪急西宮ガーデンズなど商業施設が充実しており住みやすさの面でも評価された」(笠松美香副編集長)という。

一方、回答者の約3割が新型コロナウイルス感染拡大の影響で「住みたい街が変わった」と答えた。在宅勤務の定着などが影響したもようで笠松副編集長は「東京と比べて通勤の負担が少ないこともありランキングは大きく変わらなかったが、足元では住むエリアや部屋の広さを見直す消費者が出ている」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません