/

アパ、3月に新大阪でホテル開業 再建中の企業から買収

ホテル大手のアパグループ(東京・港)は17日、大阪市内の「ホテルWBF新大阪スカイタワー」を、旅行会社のホワイト・ベアーファミリー(大阪市)から買収すると発表した。3月末に「アパホテル<新大阪駅タワー>」として開業を予定する。

JR新大阪駅近くに立地する同ホテルは、20年1月に開業。地上32階建てで、全400室の客室のほかレストランやルーフトップバーなどを備える。土地や建物を取得後は、非接触でチェックインできるシステムの導入など顧客満足度の向上に努める。ホワイト・ベアーファミリーは、20年6月に民事再生法の適用を申請した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン