/

この記事は会員限定です

関西企業の春季交渉、業種ごとのばらつき鮮明

(更新) [有料会員限定]

関西主要企業の2021年の春季労使交渉は17日、集中回答日を迎えた。シャープ村田製作所などの賃上げ額が前年を下回る一方、業績堅調なクボタは上回るなど、業種ごとのばらつきが鮮明になった。新型コロナウイルス禍で業績が悪化した企業では雇用維持を優先、JR西日本日立造船など要求段階で基本給の底上げにあたるベースアップ(ベア)を見送る動きも目立った。 

シャープは個人や部門の業績を反映した給与改定を行う、と組合側に回答した。組合側の試算で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン