/

ダイドーファーマ、バイオ新興とライセンス契約

ダイドーグループホールディングスは15日、同社子会社で医薬品関連事業を手掛けるダイドーファーマ(大阪市)が、バイオスタートアップのセルジェンテック(千葉市)とライセンス契約を締結したと発表した。コレステロールが体内で正常に処理できない状態を引き起こす疾病向けに医薬品の共同開発、共同販売を行う。

ダイドーファーマは2019年1月の設立で、ライセンス契約の締結は今回が初めてとなる。国内の患者数が5万人未満の希少疾病用医薬品の提供を目指している。

セルジェンテックは千葉大学発のスタートアップで、03年の設立。ヒト脂肪細胞を用いた医薬品の開発に取り組んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン