/

この記事は会員限定です

クリングルファーマ、難治性疾患の治療薬開発

新規公開株の横顔

[有料会員限定]

有効な治療方法が確立していないなどの要件を満たす「難治性疾患」の治療薬を開発する。ヒトの体内に存在し、肝臓の細胞を増殖させるHGF(肝細胞増殖因子)に着目し、急性期の脊髄損傷とALS(筋萎縮性側索硬化症)の2つの神経難病を主なターゲットとして治療薬の開発を進めている。複数の治療薬候補について研究開発を実施中で、なかでも脊髄損傷の治療薬候補は臨床試験(治験)の最終段階に進んでおり、2022年の治験終...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン