/

関西電力、稼働原発ゼロ 2021年1月まで延びる

関西電力の高浜原子力発電所(福井県高浜町)

関西電力は15日、定期検査中の高浜原子力発電所(福井県高浜町)3号機の再稼働が従来計画より1カ月半ほど遅れ、2021年2月上旬以降を予定すると発表した。検査中の大飯原発(同県おおい町)4号機が運転を再開する21年1月中旬まで、稼働する原発がゼロの状態が続くことになる。

高浜4号機の蒸気発生器の伝熱管で見つかった傷について、一部は鉄酸化物が原因と推定できると確認した。21年1月下旬にかけて引き続き調査する予定で、詳細な状況が判明するまでは、構造が類似する高浜3号機の稼働も遅らせる必要があると判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン