/

この記事は会員限定です

電池「リチウム超え」競う 次の主役はマグネシウムか

[有料会員限定]

電気をたくさんためるリチウムイオン電池を好む人は多い。しかし迷わずに済むのは今だけかもしれない。欧州の研究機関などが2030年以降を目標に「マグネシウムイオン電池」や「亜鉛イオン電池」の開発を急いでいるからだ。1990年代に登場した「リチウム」は主役の座を降りるのか。

「高容量で環境に優しいマグネシウムイオン電池のために破壊的な科学技術を開発する」。英ケンブリッジ大学やデンマーク、イスラエルの名門...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン