/

この記事は会員限定です

大和ハウス、建設現場にDX 3D計測・AI工程管理

[有料会員限定]

国内建設業最大手の大和ハウス工業が、戸建てなどの建設現場で脱アナログ化に一気にカジを切り始めた。「デジタルコンストラクション」を旗印にプロジェクトチームを結成し、NECなど異業種との連携も加速。2021年度までに19年3月時点比で生産性の3割向上を目標に掲げる。約60年前にプレハブ住宅の原点となる商品を生み出し建築の工業化に道を付けた同社が、デジタル移行で「工業化2.0」を目指す。

「石こうボードをとめるビスの間隔は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン