/

この記事は会員限定です

住友電工、脱炭素支える「届ける力」 祖業送電線を革新

関西企業攻める㊦

[有料会員限定]

脱炭素へ向けて風力など再生可能エネルギーの発電所の開発が世界で進むなか、都市部へ電力を送る送電線の重要性が増している。住友電気工業は祖業の送電線事業で世界最高水準の電圧に耐える製品を開発。コスト削減につながる点を売りに販売を伸ばす。汎用品は中国勢との価格競争で収益が低迷しており、再エネ製品で巻き返す。

住友電工は2020年5月、ドイツ北部の港町エムデンと西部デュッセルドルフ近郊を結ぶ約300キロメートルの長距...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン