/

この記事は会員限定です

縦割り打破、後進に託す パナソニック社長 津賀一宏氏

トップの決断

[有料会員限定]

12月中旬。パナソニック社長、津賀一宏(64)はすっきりとした表情を浮かべていた。2021年4月に最高経営責任者(CEO)の座を常務執行役員の楠見雄規(55)に譲り、6月の株主総会後に代表権のない会長に退く。

自身が15年に設けた指名・報酬諮問委員会が交代を決めた。主導したのはメンバーの過半数を占める3人の社外取締役。最終的に4人の社内候補者から「問題の本質を見極めて粘り強く解決策を導き出せる」(元経済財政相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン