/

この記事は会員限定です

パナソニック、新興国発サービスの世界展開で新組織 

[有料会員限定]

パナソニックが新興国発のサービスを先進国に広げる「リバースイノベーション」を通じて成長の芽を探っている。新興国で生まれた新たなサービスや製品を日本や米国など先進国などの実情に合わせて普及を進める「クロスボーダー準備室」がこのほど始動した。業績が伸び悩む同社にあってイノベーション拠点を置くインドでは地元の社会問題などを解決する新商品が相次ぎヒットしている。いかにこのスピード感を日本など主要拠点でも取り込めるかが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン