/

この記事は会員限定です

関西送配電、災害用の発電機車を活用 電力需給逼迫で

[有料会員限定]

関西電力の子会社で送配電事業を手掛ける関西電力送配電は電力の供給力確保のため、停電や台風などの災害時に臨時に用いる高圧発電機車の運転を始めた。1台500キロワットほどの発電能力を持ち、12日午後6時時点で26台を自社の営業所で利用している。

高圧発電機車は軽油を燃料とし発電する。500キロワットを発電できる発電機車を38台、400キロワットを1台保有し、双方合わせて12日中に31台の運転を見込む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン