/

この記事は会員限定です

梅田―職場はシェア自転車で コロナ下、1年で利用2倍に

関西データ解剖

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下の大阪でシェア自転車の利用が拡大している。2020年12月の利用回数は1年前と比べ2倍に増加。梅田駅から数キロ圏内で通勤に利用している様子が目立ち、少しでも密を避けようとしているようだ。観光客の足としては感染拡大でブレーキがかかるが、シェア自転車が根付きつつある。

「子供がいるため、コロナ予防で使うようになった」と話すのは、通勤のため昨年12月にシェア自転車に乗り始めた男性会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン