/

南海電鉄、5月に終電繰り上げ 南海線と高野線

南海電気鉄道は11日、南海線と高野線の終電時刻を5月に繰り上げると発表した。新型コロナウイルス感染拡大により、深夜帯に十分な利用が見込めないと判断した。南海線では、午前0時25分に難波駅を出発する住ノ江行き普通列車の運転をやめ、午前0時8分発の泉佐野行き急行が最終となる。高野線では難波駅午前0時25分発の堺東行き各駅停車をなくし、午前0時10分発三日市町行き区間急行を終電とする。

南海電鉄によると「記録に残る限りでは、生活様式の変化に伴う自社の終電繰り上げは初めて」という。午前0時以降の乗客数は、1月には前年同月比72%減の約2100人だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン