/

大商など、健康関連の新サービス創出に向け連携

健康や医療に関する新たな製品・サービスの創出を促す

大阪商工会議所と国立循環器病研究センター、医薬基盤・健康・栄養研究所は10日、健康や医療に関する新しい製品やサービス創出のための連携協定を結んだ。医療関係者が企業に向け現場の課題を発表するフォーラムの開催や共同研究などを実施し、3団体間の交流促進を図る。

国循などが抱える課題や要望を大商が広く周知、企業の新製品開発や新サービスのきっかけとする。大商の尾崎裕会頭(大阪ガス相談役)は「これからは治療だけでなく、予防医療も重要。予想もしていなかった企業からの提案を期待している」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン