/

シャープ子会社、IoTで自動発注を支援

シャープ子会社のAIoTクラウド(東京・江東)は10日、日用品や食品を自動で再発注する仕組みづくりを支援する事業者向けサービスを始めたと発表した。商品残量を計測したり、リアルタイムで通信したりする技術を販売する。ウオーターサーバーなどで自動発注機能付きの製品を発売したいメーカーの需要を取り込む。

米アマゾン・ドット・コムの自動発注サービスとの連携を支援する。販売の管理システムや消費者向けのアプリ作成も担う。シャープはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」に対応した家電を400機種以上展開する。蓄積したノウハウを生かし、ソフト面の事業領域を広げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン