/

この記事は会員限定です

大倉、AI活用の無人店舗実験 12日から

[有料会員限定]

中堅不動産会社の大倉(大阪市)は12日から、大阪市の天神橋筋商店街内で人工知能(AI)カメラとセンサーを設置した無人店舗の実証実験を始める。利用者は専用アプリで事前に決済手段などを登録し、店舗内のセルフレジで精算する。21年夏をめどに無人店舗の仕組みを商品化し、オフィスや病院などでの採用を目指す。

店名は「ヘスタ・スマートストア」。住宅や家電向けに開発を進めてきた画像認識やセンサーの技術を応用した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン