/

アシックス、SDGs強化へ国際ファッション協定に加盟

気候変動の抑制などに取り組むファッション協定に加盟するのは日本企業で初めて

アシックスは10日、ファッション産業の環境負荷低減へ向けた国際的な枠組み「ファッション協定」に加盟したと発表した。気候変動の抑制などへの取り組みを誓約するもので、欧州のファッションブランドを中心に世界で約60社が参加している。日本企業の加盟は初めて。スポーツがしやすい環境を保つため、アシックスは業界横断で気候変動の抑制を図る。

アシックスは2050年までに温暖化ガス排出を実質ゼロにすることを目指している。生産や流通段階での製品当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を2030年度までに15年度比55%減にする目標も掲げる。ファッション協定では加盟企業とともに、工場のエネルギー効率改善などにあたる。国際的な枠組みに参加し、SDGsの取り組みを加速する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン