/

この記事は会員限定です

スカウト型採用のアイプラグが上場 AIでミスマッチ防ぐ

[有料会員限定]

企業が学生に直接求人を送る「スカウト型」の採用サービスを手掛けるi-plug(アイプラグ)が18日、東証マザーズに上場した。企業は採用した人数に応じて料金を支払う成功報酬のためコストを減らせる。人工知能(AI)を使いミスマッチも防ぐ。約7500社(2020年末時点)が利用し、スカウト型で6割のシェア(金額ベース)を持つ最大手だ。

「投資家の期待にうれしい気持ちもあるが、ここからが勝負どころ。新卒の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン