/

この記事は会員限定です

キリン堂社長「5年で再上場めざす」関西で5割増の500店

[有料会員限定]

MBO(経営陣が参加する買収)で1月に上場廃止となったキリン堂ホールディングス(HD)の寺西豊彦社長は、5年後をめどに再上場を目指す方針を明らかにした。地盤の関西でドラッグストアの店舗数を2026年2月期までに現在より5割多い500店に増やす。郊外を中心に出店し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「巣ごもり消費」を取り込む。積極投資を進め成長の土台をつくる。

創業家2代目の寺西社長が日本経済新聞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン