/

在庫処分のショーイチ、ミカヅキモモコの一部店舗を取得

アパレルや雑貨の在庫処分を手掛けるshoichi(ショーイチ、大阪市)は9日、300円均一の雑貨店「ミカヅキモモコ」の一部店舗を運営会社の三日月百子(大阪市)から譲り受けると発表した。ミカヅキモモコの商標も引き継ぎ、雑貨店として営業を続ける。

ミカヅキモモコの運営会社である三日月百子は8日までに事業停止し、破産申請の準備に入った。新規出店に伴い調達した借入金の負担が重かったうえ、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や商業施設の営業休止などで売上高が急減し、財務状況が悪化したもようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン