/

この記事は会員限定です

「電子部品、高機能品で中韓とすみ分け」日東電工社長

展望2021関西

[有料会員限定]

関西は積層セラミックコンデンサー(MLCC)やセンサーなどニッチな特定分野に強みを持つ電子部品メーカーが多い。ディスプレー用偏光板などスマートフォン向け電子部品を手がける日東電工もその1社だ。これまで繊維や電機など関西の基幹産業は中韓勢などとの競争にさらされて地盤沈下した。今でも競争力を維持する電子部品産業は中韓勢の追い上げをかわせるのか。日東電工の高崎秀雄社長に聞いた。

――電子部品の分野でも中韓勢の存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1504文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン