/

住友ゴム、米国などで200億円投資 SUV向け増産

米国工場で大口径タイヤを増産する

住友ゴム工業は9日、米国やタイ、日本の工場で計209億円を投じ米国向けSUV(多目的スポーツ車)用タイヤを増産すると発表した。米国でSUV用の大口径タイヤの販売が好調だが、現地での生産が間に合っていなかった。今回の増産投資で生産能力は年380万本分増えるという。タイや日本の工場は乗用車向けから切り替える。2021年中をめどに既存設備の増強に着手する。

米国では15年に提携を解消した米グッドイヤーから工場を取得したが、住友ゴム仕様製品への切り替えが計画通りに進まず採算が悪化していた。米国事業は固定費などを削減し21年度には通期での黒字化を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン