/

レンゴー、エンタメ包装印刷を買収 企画ノウハウも吸収

段ボール大手のレンゴーは9日、DVDやCD、ゲームソフトなどエンターテインメント関連の包装材印刷で国内最大手の金羊社(東京・大田)を買収すると発表した。食品や日用品向けの包装材を手掛けているが、エンタメ分野に事業領域を広げるとともに、金羊社のノウハウを吸収しデザイン力や企画力を磨く。

レンゴーと同社子会社の朋和産業が、金羊社の発行済み株式のそれぞれ5割と2割を3月までに取得する。買収額は非公表。金羊社は日本コロムビアや東映東宝などが主な取引先で、2020年3月期の売上高は約80億円。

レンゴーが同日発表した2020年4~12月期の連結純利益は前年同期比8%減の231億円だった。新型コロナウイルスの影響で自動車や家電の部品を輸送する段ボールが不振だった。巣ごもり需要を背景に通販や食品向けは堅調だったが補えなかった。売上高は1%減の5092億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン