/

この記事は会員限定です

クリングルファーマ安達社長「脊髄損傷治療薬、自前で開発」

もうすぐ上場します

[有料会員限定]

大阪大学発のバイオベンチャーで、難治性疾患の治療薬の開発をするクリングルファーマが28日、東証マザーズに上場する。研究者出身の安達喜一社長に開発を進める治療薬候補や今後の戦略について聞いた。

――事業内容を教えてください。

「肝細胞増殖因子(HGF)と呼ばれるヒトの体内にあるたんぱく質を活用した治療薬の開発と事業化に取り組んでいる。HGFは肝臓の細胞を増殖させる因子だ。肝臓は人間の体で最も再生能力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

もうすぐ上場します

新規株式公開(IPO)を目前に控えた企業の事業内容や上場後の成長戦略は。日経新聞電子版「もうすぐ上場します」コーナーでは経営トップのインタビューをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン