/

シャープ、HACCP対応を支援 物流業者向け

シャープ子会社のAIoTクラウド(東京・江東)は8日、トラック荷室内の温湿度を管理するシステムの販売を始めたと発表した。温湿度計や通信機器、記録システムなどをまとめて提供する。食品衛生管理の国際基準「危険度分析による衛生管理(HACCP)」に対応したい物流業者の需要を取り込む。

新システムの管理画面のイメージ。

食品衛生法の改正で、HACCPによる衛生管理が6月から原則義務化されることに対応する。新システムでは温湿度や位置情報が自動で記録されるため、配送ドライバーが報告書を書く手間を減らせるという。2021年内に5000台程度の導入を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン