/

この記事は会員限定です

関西の冬ボーナス10%減 20年、全国より落ち込む

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2020年冬のボーナス調査で、関西主要企業の平均支給額は19年に比べ10.13%減った。全国では8.55%の減少で、関西の落ち込みが目立つ。新型コロナウイルスの影響で業績が悪化し、2.21%減の夏より減少率が広がった。小売りや建設などの非製造業を中心に大幅に減らす企業が出た。

平均支給額は関西が73万7960円、全国が76万1786円。ともに2年連続で減少し、関西の減少率は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン