/

この記事は会員限定です

全固体に勝る「次々世代型」蓄電池 性能・コスト追求

[有料会員限定]

電気自動車(EV)やスマートフォン向けに普及するリチウムイオン電池の次を担う全固体電池に比べて、充電性能やコストで優れた次々世代型蓄電池の研究開発が進んでいる。リチウムの代わりに手に入れやすい素材を利用する。2050年に温暖化ガスの排出を実質ゼロにする脱炭素の実現に向けた技術につながると期待される。

全固体電池はリチウムイオン電池に続く次世代電池の「本命」とされる。リチウムイオン電池が燃えやすい有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン