/

この記事は会員限定です

関西の鉄道、DX・事業創出急ピッチ 成長の針路描けるか

もがく関西の鉄道(下)

[有料会員限定]

JR西日本に11月、長谷川一明社長が自ら本部長を務める新しい組織が立ち上がった。総合企画本部や営業本部など5部署から、専従を中心に約70人が集まったデジタルソリューション本部。乗車率や予約数といったデータを従来の事業に組み合わせ、新サービスの開発や効率的な鉄道のシステム構築につなげる。

「私たちの部署ではまず目指すべき理想像を決めてから具体策を検討します」――。7~8人のグループでの、対面とオンラインを交え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン