/

この記事は会員限定です

岩谷産業牧野会長「規制緩和で水素ステーション普及へ」

[有料会員限定]

水素の活用の促進に向けた協議会、「水素バリューチェーン推進協議会」が7日設立された。同日の設立イベントで共同代表者である岩谷産業の牧野明次会長は1つにつき約5億円かかる水素ステーションの建設費について「規制緩和で価格を抑えることができると考える。都心部のガソリンスタンドと併用できれば普及の早期化もできる」と話した。

同協議会は岩谷産業のほか、トヨタ自動車三井住友フィナンシャルグループなど9社が理事会員企業として設立。水素需要の創出や製造費などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン