/

この記事は会員限定です

近畿マンション発売20年15%減 コロナで28年ぶり低水準

[有料会員限定]

不動産経済研究所(東京・新宿)は25日、2020年の近畿のマンション発売戸数が19年比15.8%減ったと発表した。発売戸数は1992年以来28年ぶりの低水準だった。新型コロナウイルスの影響で営業活動が制限された影響が出た。在宅勤務の普及を受けて足元では郊外物件の販売が好調。2021年は18.5%増える見通しだ。

20年の発売戸数は1万5195戸で2年連続で減少した。契約率は71.7%と3年連続で低...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン