/

この記事は会員限定です

日立造船、一時16%高 再エネ技術に期待

銘柄診断

[有料会員限定]

7日の東京株式市場で、日立造船が一時前日比92円(16%)高の677円をつけた。米上院決選投票での民主党勝利で景気回復期待が高まり、国内で出遅れていたバリュー(割安)株に関心が向かった。同社はごみ焼却設備などを手掛け、再生エネルギー関連技術への期待が追い風となった。

終値は14%高の665円で、売買高は前日の5倍に増えた。日立造船は海外の石油化学プラント向けの部品などが低迷し、PBR(株価純資産倍率)が1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン