/

この記事は会員限定です

関西の鉄道6社、長距離苦戦で回復に差 20年10~12月期

[有料会員限定]

関西の鉄道主要6社の2020年10~12月期の連結決算が12日出そろった。20年7~9月期より最終損益が改善し、阪急阪神ホールディングス(HD)など4社が黒字となる一方、JR西日本近鉄グループホールディングス(GHD)は赤字にとどまった。長距離路線を抱える会社には新型コロナウイルス禍での移動自粛が重くのしかかる。

近鉄GHDは同日、20年10~12月期の最終損益が40億円の赤字(前年同期は103億円の黒字)だったと発表した。政府の観光支援策「Go To ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン