/

この記事は会員限定です

脱炭素にメタネーション 大阪ガスや日立造船が研究

二酸化炭素から都市ガス主成分を合成

[有料会員限定]

脱炭素社会に向け「メタネーション」の研究開発が関西の企業で広がっている。二酸化炭素(CO2)を用いて都市ガスの原料をつくる技術で、ガスを燃やしたときに発生する分と相殺してCO2の排出を実質ゼロとする。大阪ガスは2025年国際博覧会(大阪・関西万博)での活用を計画、日立造船は20年代半ばまでに中国での事業をにらむ。コストや技術が長く課題となるなか、脱炭素の機運の高まりで改めて関心が集まっている。

メタネーシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン