/

この記事は会員限定です

丸紅やシャープ注目 国産データ基盤「テルース」とは

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

人工衛星の画像を分析できる日本発のデータ基盤「テルース」の利用が企業の間で広がってきた。用途は森林管理や防災対策など幅広い。アカウントの登録数は2万を超え、前年比で約5割増のペースが続く。宇宙データビジネスの広がりは、人工衛星や探査機を得意とする日本の宇宙産業の厚みを増す。

12機の人工衛星からデータを収集

テルースは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の人工衛星「つばめ」や気候変動観測衛星「しきさい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1811文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン