/

この記事は会員限定です

コロナ下の関西経済団体人事 早い続投表明、反転に一肌

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で関西経済団体の人事が固まった。2020年7月に大阪商工会議所の尾崎裕会頭、今月5日には関西経済連合会の松本正義会長が関西経済の再活性化を掲げ続投を表明。2期2年の交代が通例の関西経済同友会は、デジタル分野に精通したプロアシスト(大阪市)の生駒京子社長を代表幹事に内定した。中小企業の経営者ながらも混迷を抜け出すかじ取り役に一肌脱ぐことを決めた。

「来期もよろしく」。関経連の副会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1154文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン