/

この記事は会員限定です

I・T・O、災害時の「都市ガス」供給装置 品ぞろえ拡充

[有料会員限定]

ガス供給機器のI・T・O(大阪府東大阪市、内海二郎社長)は大地震などの災害発生時に都市ガスの供給が止まっても、備え付けのガスボンベのプロパンガスを活用して、都市ガスと同等の燃焼特性を持つガスを製造できる装置の品ぞろえを増やす。1時間当たりのガスの製造能力が8立方㍍タイプと30立方㍍タイプをそろえていたが、新たに16立方㍍タイプを追加発売した。体育館など臨時の避難所で空調機を動かすといった用途を想定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン